働き方改革:両立支援
innovation:support

両立支援イメージ

仕事と家庭を両立できる環境のために。


すべての社員がその能力を発揮できるように雇用環境の整備を行い、力を十分に発揮できる企業を目指します。

仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進(愛称:トモニン)

  • トモニンロゴマーク
レビック株式会社は厚生労働省委託事業「両立支援のひろば」に一般事業主行動計画と介護の両立支援の取組みを登録し、仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組む企業が使用できるシンボルマーク(愛称・トモニン)を取得しました。 また、従業員がその個性と能力を十分に発揮し安心して働き続けることができるような雇用環境の整備を図りつつ、仕事と家庭を両立させ地域に貢献する企業となるために、以下のような行動計画を策定いたしました。

■仕事と介護の両立支援事業取組み行動計画(平成30年4月2日策定)
計画期間:平成30年4月2日~平成33年4月20日までの3年間

目標対策
1.介護についての意識や両立支援のための諸制度、働き方の周知を図る。 ●平成30年6月下旬:社長による役員教育
●平成30年6月下旬:制度内容を全社員へ周知する。
2.毎年、自社の両立支援制度の利用状況、両立支援のための取組の成果等を把握し、改善点がないか検討する。介護を主たる理由とした離職者ゼロ。 ●各年4月:制度の利用状況、取組の成果について現状を把握する。
現状把握と具体的なニーズ調査の為、アンケートの実施。
●各年5月:社内環境の問題点や改善点などの有無についてCUC事業部で検討し、必要があれば社内ルールの改善を検討する。
関連リンク:厚生労働省委託事業 女性の活躍・両立支援総合サイト「両立支援のひろば」

くるみん認定取得計画中

レビックでは全社員が仕事と子育てを両立させることができる環境を作り、また女性社員が安心して妊娠・出産でき、復職時等においても支援し継続就業できるよう、次のように行動計画を策定し従業員にとってよりよい環境づくりに取り組んでいます。
※くるみんとは、厚生労働省が認定した従業員子育て支援事業の愛称をいいます。

■仕事と介護の両立支援事業取組み行動計画(平成30年4月2日策定)
計画期間:平成30年4月2日~平成33年4月20日までの3年間

目標対策
1.就業規則(「育児・介護休業規定」)等の制度内容を周知する。 ●平成30年6月下旬:社長による役員教育
●平成30年6月下旬:制度内容を全社員へ周知する
●平成31年3月以降毎年:制度内容を全社員へ周知する
●随時:妊娠・出産等の対象者を把握した場合、社長又は役員による個別面談を実施し、制度内容を再度案内する。
2.男性の育児休業取得制度の周知を図り、取得を奨励する。 ●平成30年6月下旬:社長による役員教育
●平成30年6月下旬:制度内容を全社員へ周知する
●平成31年3月以降毎年:制度の利用状況について現状を把握
●平成31年4月以降毎年:社長又は役員による個別面談を実施し、必要に応じ休業取得を奨励する

PAGE TOP